2014/10/31

アロマでゆったりバスタイム

こんにちは!アロマ&ヒーリングhastaのブログにお越し頂きましてありがとうございます。

こう日に日に寒くなると、お風呂に浸かるのが本当に幸せです(^^)

湯船に浸かった瞬間、身体の冷えがじーんわりと解れていくのを感じると全身の余分な力が抜けますね◎

いつものお風呂にアロマをプラスすると、更に心地良い時間になります♫

さて、アロマバスは今や結構定番になりつつあるようですが

直接精油を入れてしまったり、精油の量を多く入れてしまったりすると

お肌の弱い方や体調によっても、皮膚がかゆくなったり炎症を起こしてしまう事があります(T_T)


折角のアロマバスタイム、お肌は大丈夫かな…と心配しながら入るのは勿体無いですよね。

精油は天然の植物のエッセンス。ギュッと濃縮されたものです。

その効果効能はとても嬉しいものですし、是非とも利用したいものですが

多く使えば良いというものでは決してありません(>_<)

だからと言って決して怖いものではありませんよ♪
用法・容量を守れば素敵なアロマセラピーが楽しめます♫

今日は直接精油を入れるよりも肌刺激が少なく、更に保湿効果も高まる

アロマバスオイルのご紹介です☆

とっても簡単ですよ〜(^^)早速作ってみましょう!

①キャリアオイル5mlに精油を2〜3滴垂らして混ぜたら出来上がり。簡単〜。笑

②お風呂に入る際に出来たバスオイルを入れて混ぜ、あとは入るだけ♪


簡単過ぎて作り方も何も無いですが…

ポイントは、精油の量は3滴位までにしましょう☆

作り方によっては3〜5滴と書いてあるものもありますが、

特に初めての方は、まずは少ない分量から始めるのがオススメです(^^)

湯上がりはお肌もシットリ、もっちり♪

先日温めケアの記事にも書きましたが

お風呂上がりは身体がポカポカ。温まっていると、とても浸透力が良くなっているので

上がってすぐにオイルやクリームを塗るのもオススメですよ☆


精油は基本的にその日の気分で選ぶのが良いと思いますが、

注意したいのは、柑橘系の精油。

私もそうなんですが、冬至に入る柚子風呂。

あれで、『めっちゃ痒い〜!!かいかい〜(*0*;)!』となるタイプ。

そういったご経験のある方は特になんですが、

柑橘系の精油は肌刺激が強めで湯船に入れるとピリピリと皮膚刺激がある場合も。

また柑橘系以外にも、ペパーミントやレモングラス、ローズマリーなども皮膚刺激が強いので混ぜる場合には1滴だけであとは他の精油をブレンドするなどの注意が必要です。


アロマバスの良い所は精油を呼吸器からも経皮からも吸収させる事が出来ること♫

精油の分子構造はとーっても小さいので、毛細血管まで浸透し、全身を巡ります♪

良い香りにも癒やされ、お風呂で血行が良くなっているので吸収力もアップ☆

注意したいポイントだけはしっかり押さえて

アロマでゆったりリラックスバスタイム、楽しんでくださいね(^∇^)/♡

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




_______________________________

茨木市上穂積にある

プライベートアロマセラピーサロン

アロマ&ヒーリング hasta


☆京都線JR茨木駅からバスで約5分→上穂積下車後、徒歩で約5分。詳細な場所はご予約完了時にご連絡致します。場所が分かりにくい場合や迷いそうな場合、予めご連絡頂けましたら上穂積バス停までお迎えに上がりますので、お気軽に申し付けください♪

女性専用・完全予約制

Email: hasta.om.shanti★gmail.com

(★を@に変換して送信ください)

お電話の場合は 

070-5584-1182

※施術中は電話に出る事が出来かねますので、留守番電話にゆっくりとお客様のお名前、お電話番号、ご用件を入れてくださいね!後程こちらから折り返しお電話させて頂きます。

尚、留守番電話に伝言が無い場合折り返しのご連絡が出来かねます。
必ず伝言をお残し頂ますよう宜しくお願い致します(^o^)☆

留守電は苦手…という方はメールでのお問合せ・予約状況確認も受け付けております☆

お問合せ、ご予約お待ちしております☆

0 件のコメント:

コメントを投稿